歯科矯正といえば、これまで小さいお子さんが受ける治療だというイメージがありました。でも、近年は大人でも歯科矯正を受ける人が増えていると言われています。その理由は、目立ちにくく周りの人たちに気付かれない歯科矯正治療が実現するようになったからです。たとえば、インビザラインです。透明なマウスピースを使用して行われる矯正治療で、たくさんの魅力やメリットがあると言われています。たとえば、透明なマウスピースだから目立ちにくく、仕事をしている男性や美容に関する高い意識を持っている女性でも治療が受けやすいことです。また、痛みが少なく食べやすいですし、自然に違和感なく話すことができるのも大きな魅力の一つだと言われています。金属を使わずに矯正治療が受けられるため、身体にやさしいという特徴もあります。大人でも安心して歯科矯正が受けられますので、歯並びで悩んでいるときはまずは専門のクリニックに相談してみるとよいでしょう。

インビザラインで歯並びを治そう

まっすぐに並んでいる歯に憧れている人は多いです。歯並びが綺麗だと、人からの好感度が高くなります。反対に歯並びが悪いと、綺麗に歯を磨いていても、不潔な印象を持たれることがあります。歯並びが悪いと、歯と歯が重なってしまうことがあるので、きちんと磨くことができないことがあります。そのため、歯並びが悪いと虫歯になりやすくなります。綺麗な歯並びにしたい人は、矯正をすることで治すことができます。しかし、ワイヤー強制だと、くちを開けたときにワイヤーが見えてしまうため恥ずかしいと感じてしまいます。そんな人は、インビザラインというマウスピース強制がおすすめです。マウスピースを歯に取り付けるだけなので、痛みもなく、簡単に歯並びを治すことができます。マウスピースは透明なので、強制をしていることを知られることもないです。

インビザラインの治療をしよう

インビザラインは、歯の強制方法の一つです。透明マウスピースを取り付けて矯正をしていく方法です。成人だけでなく、歯が生え変わったばかりの子供でもインビザラインを行うことができます。自分の歯の形に合わせてマウスピースを作ります。食事中や歯磨きのときには外すことができます。取り外しは簡単にでき、痛みもないです。しかし、歯磨きと食事以外の時は、マウスピースをずっと装着しておかなければいけません。装着時間が短いと、歯並びが良くならないです。小学校の低学年くらいだと、取り外しをすることや、歯の形に合わせて何度もマウスピースを作り直ししなければいけないため、インビザラインよりも、取り外しが必要ないワイヤー矯正をする人が多いです。しかし大人は、ワイヤーが目立つことが恥ずかしいためマウスピースを選ぶ人が多いです。

ハーフリンガル(上だけ裏側矯正)で他院の表側矯正と同じ位の費用です。裏側矯正は大変お得になってます。 こだわりの矯正治療を都内でもトップクラスのお手頃価格で行います。審美治療、インプラントも低価格です。 オールマイティーなインプラントならツーピースインプラントは20万円! インビザラインが50万円、都内随一の低価格です! 診療と予約の無駄を徹底的になくし、低価格の矯正治療を実現できています。 インビザライン治療の流れについてはオーラルデザイナー